住宅リフォーム業 小笹 正幸さん

たかやしろ住研 代表取締役

※こちらで紹介したものは、個人の実績になります。成果や成功を保証するものではありません。

たった2日間で書き上げたセールスレター1枚で、500万以上の売上になってしまって、、、


キャパオーバーで、もう仕事が受けきれないほどです。

住宅リフォーム業 小笹 正幸さん

たかやしろ住研 代表取締役

※こちらで紹介したものは、個人の実績になります。成果や成功を保証するものではありません。

今回はテンプレートを使って成果を出された、小笹さんの成功事例をお届けします。

長野県で家の内装の修理、蛇口のとか、網戸の張りかえ、障子の張りかえから、水回り、屋根や壁の塗装まで多岐に渡るリフォーム業をメインにお仕事をされている小笹さん。


もしかすると、信じられないかもしれませんが、2日間で書き上げたセールスレター1枚を繰り返し使って、500万以上の売上。そこからの仕事が入ってきたことで、もう仕事が受けられない状態になっておられるとのこと。

それも、今だけの話ではなく、今見積もりを出している人で来年まで新しい仕事を受けれないので、もうセールスレターを出すこともできないということなんです。


そんな小笹さんですが、少し前まで売上を伸ばすためにはどうしたらいいかわからず、セールスレターを書こう思っても、なかなか書くことができずに悩んでおられたんです・・・

見込客の集客はできたけど、契約には至らず悩んでいた…

今、会社を興して8年目なのですが、やり始めた当初は順調だったんです。元々いた会社のお客さんがしばらくいてくれたので、売上とかも特に困ってなかったんです。でも、ずっと順調ってわけではなくて、、、


リフォームを頻繁にするお客さんは多くないので、絶対数のお客さんが足りなかったんです。そのあと、(見込客の)集客面はなんとかできたんですが、中々契約まで至らず、売上の上げ方がわからなくなりました。

既存のお客さんは、リフォームが必要になれば連絡先はあるんだし、時々コンタクトはとっているから、必要になれば話をかけてくるだろうなって思ってたんです。


ただ、売り上げを上げようと思ったとき、待つだけじゃダメなんじゃないかと思ってたのも事実です。1人でやっていても、なんとか食えるくらいの売上はあったんですが、このままでいる気もなかったので、じゃあ売上を上げるためにはどうすればいいかって悩んでました。


その時にダイレクトメールってのを【ザ・レスポンス】のブログを読んでいる時に出てきたので、売上を上げるにはダイレクトメールを書けばいいのかって思ったんです。


でも、それまで僕がダイレクトメールを送るなんて全然考えてもなかったので、どうしたらいいのかわからなかったです。


集客できても売上は・・・

繁忙期が決まっているので、とにかくすぐに

DMを書かないといけなかったんですが、、、

とにかく書くのが苦しかったです。スワイプファイルの存在も知ってましたけど、どう使ったらいいのかもわからなかったです。それにとにかく早く書きたかったんです。


広告とかを打つにしても時期によって、反応があるオファーって違うんですよ。この時期にこのオファーなら反応があるけど、少しでもずれると反応が出なくなるんです。


長野県なので、冬の間の雪で雨どいが壊れたりするんです。だから、4月,5月は雨どいを直しますってオファーを出せば結構来るんですが、それ以降はさっぱりなんですよ。


だから季節ごとに適したものを出さないといけないのに、のんびり書いてると出すタイミングを逃してしまうんですよね。だからとにかく早く書きたかったってのがありますね。

DMが間に合わない・・・

「セミナー中に書き上げた1枚のセールスレターを使い続けています」

実際に出した時は、2週間置きに3回お客さんに出しました。それから、見込みのお客さんにまた3回出して、前半終わり。7月から今度は2回目を出して、って繰り返し同じレターを出したんです。

でも、今年はもう仕事がいっぱいなので、受注は来年になると思いますけど。今はそれだけで事足りているし、昔作ったオファーでもう一度出したんですけど、まあまあ反響があって、ある程度の金額になりました。


その後、オファーをチラシでも使い回して、色々利用はさせてもらってますが、DMになると自分のキャパオーバーで出していないです。


だから逆に自分のやり方がまずいと思っていて、、、というのも、以前は集客の課題だけしか見えてなかったんですが、自分の会社とか仕事全体の改善をしていかないとって思っています。今までと同じやり方だとそこまで浮かび上がらないですからね。


実はセミナーに参加した時に書いたものしか使ってないんです。それを使い回すだけで、十分なんですよね。この時期にこれを出していきたいという考えはあったんですが、自分のキャパ以上になってきちゃったので出していないんです。

DMを出すようになってから、仕事量が増えてしまって1つしか出していないんです。

受注が増えすぎて・・

もちろんオファーは変えてますが、基本は同じレターですね。


結果的に、今までの既存のお客さんから2件受注して、見込みのお客さんからも2件受注して、2回目さらに2件申し込みがあって今見積もりを出している段階ですね。



ライバルが持っていない、ライバルからは見えない武器が1つ増えた

売れるテンプレ習得コースに参加して一番変わったのは、1つ資料がふえたっていうのが、目に見えてもそうだし、気持ち的にも余裕が生まれましたね。


以前までは他の会社と同じようなチラシとかしか出せなかったけど、今ではDMに関しては他のライバルが持っていない資料を一つ持っていることになるので、見えない武器が1つ増えたってことですよね。


当然チラシだったらライバルも出せるし、同じ内容のようになるけれど、DMとかは個人に宛てるものだしライバルはわからないですしね。


集客の隠れ武器が1つ増えた感じですかね。それもライバルからは見えないような武器。それに実際に自分は成果も出てるので、新しく入ったお客さんにまた提案すれば反応があるかなって期待感もありますね。

隠れた武器が増えた

どんな人に必要か?

売り上げも十分で、儲かっていて、仕事もいっぱいあって、もうこれ以上お客さんは要らないよっていう人はお勧めじゃないです。さらにお客さんを集めて、仕事を取ってしまうので、やらないほうがいいと思います。いっぱいいっぱいになると思いますね。


逆にいうと、ほとんどの人に必要だと思いますよ。必要じゃないっていう考えがわからないです。分かれ道は、DMが必要かどうかってことだと思っていて、必要だって考えまで行き着いたのなら、その人たちには絶対必要だと思いますよ。だって売り上げで困って、DMをだすってところまで、たどり着いたんですから。


DMを知っていてやらないのは多分考えられない。売り上げが上がらないからどうしようって、検索して、ダイレクトメールっていうところのキーワードが頭に入ったのであれば、やらないっていう選択肢はないと思いますね。





売れるテンプレ習得コースが


オススメの人・参加しない方がいい人

迷っている人へ

何で迷っているかわからないですが、東京に出てきてまでってことかもしれないし、お金かもしれない。


でも、今まで自分のいた範囲から出なくちゃいけないと思います。今までの自分の範囲内でやっていて、今の結果なので、それ以上のものを求めたいのであれば外に何かを求めないといけないと思います。


成果とか、自分が求めているものは自分のいた範囲にはないと思うから、出ないとダメっていうのを言い聞かせて申し込んでくださいという感じですかね。


参加していなかったら?

もし僕が「売れるテンプレ習得コース」に参加していなければ、やって売り上がった売り上げは当然ないだろうし、さっき言ったみたいに武器が1つないってことだから、今までのやり方で、ちまちま改善しながらやっていくしかないのかな、っていう感じだと思いますね。


だから、売り上げを上げることに対しては苦労していたかもしれないですね。もしくは、何か別なものを探して、ずっとさまよっているかもしれない。そんな感じですね。


もし小笹さんの話を聞いて興味を持っていただけたのなら、ぜひ無料体験セミナーにご参加ください。


3時間の体験セミナーの中で、どうやって売れるテンプレートを使うのか?小笹さんの他に「売れるテンプレ習得コース」で販売・集客した人がどんな成果をあげたのか、事例を交えてご紹介します。そしてなぜそんな成果を出すことができたのか?その秘密を公開しています。

「売れるテンプレ習得コース」

体験セミナー

会社概要 | 特定商取引法上の表記 | プライバシーポリシー | ダイレクト出版株式会社 サポート


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング13F  TEL:06-6268-0850 FAX:06-6268-0851

Copyright c 2014 ダイレクト出版株式会社. All Rights Reserved.